読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは私が悪いのだろうけれど

私の何が悪くてこうなるのだろう?

 

会社の方が、私の財布からお金を抜いた。

と、いう経験が過去2回ある。

 

私が悪いのだろう。

私が抜いても大丈夫な人間に見えることが悪いのだろう。

 

抜いたことはわかっていたので、まぁいいか…こういう人なんだなと思ったわけだが、気を回してくれた別の後輩が、返金(口止めされたらしい)とともに、謝罪をしてきた。で、主犯の方々にも言いづらいけれども、言ったわけだが…知っているならばあんな聞き方するなとか、逆に責められたのはなんでなのだろう?

 

私が悪いのだろう。

 

幼稚園時代にいじめられたのも。

小学校時代にいじられたのも。

中学校時代にいじられたのも。

 

高校時代は平和だった、かな?あんまり記憶がない。

大学時代はいじめられてはいないな。いじられもしない。自分がいたことも周りはもう忘れられているレベル。

 

…社会人になって今まで接してこなかった層の方々と仕事をすることになって、様々なギャップを感じる。

相手も同じなのかな?

私は変だ。

 

私にとっては相手が変だ。

 

殆どの場所において、相手が変だと思うことの方が多い。

 

つまりは私が変で、私が悪いのだろう。

 

何が悪くて、何が変なのだろう?理解できないので若干辛い。

 

 

 

休日に予定がない・やることがない → Amazon Audibleを始めてみる

休日にやることがなく、読書をする気にもならず…

先日のとある方のブログを読んでAudibleが気になったので開始してみる。

 

なかなか良いかもしれない。

一年ほど前にも休日にやることがなく?(しなければいけない事は山積みだが)買ってみたラジオは続かなかったけれども。

今度は逆に時間が足りなくなりそう…。

私の残りの人生で、仕事に追われる以外で時間が足りないと思う日が再び訪れるとは…。

 

 

プライム会員は3か月無料体験というのだから…お得感が凄い。

 

○○放題生活で節約しつつ知識を得る、と、とある方が書いておりましたが、今の私の状況にあっているかもしれない。

 

とりあえず、落としたものを全て聞くためには24時間とかでは全く足りない。

月一の車で移動の出張はいつも歌を聞いていたけれども、これからこちらに回そう。脳に余裕があれば。

 

今度の10時間強かかる予定の青春18きっぷ使用在来線の移動は、AudibleとKindle Fireタブレットがあれば余裕かな?身体がえらい大変だとは思うけれども。

 

移動が億劫に感じなくなるのは、素晴らしいことですね。

電車のフリーパス、乗り放題でも使って普段も色々出かけてみようかな?

近所の散歩でもいいし。

 

そういえば…昔の上司が休日は朝から20キロくらい散歩していたなぁ。

花粉症が収まったらこれも始めて…。

 

…また、躁状態になったのかな?

もう少し頭を使おう・・・、と思ったけれど私はやっぱり頭が悪い

仕事が定時で終わらない。

そもそも仕事なのか?

 

私の仕事は何だろう。

工場をよくする。

工場が儲かるようにする。

 

儲かるために必要なことは何だろう。

無駄を減らす。

品質の安定。

 

成熟した工場ならば、生産性をあげることがそのまま儲けになるのだろうか?

より安く仕入れて、より作業効率を上げて、品質は安定。

品質が落ちないままに、より安く作れれば、原価が下がれば、その分儲けが増えるし価格競争に対する競争力も高くなる。

 

当たり前のことなのだろうか?

 

製品は品質が要求を満たしていれば価値がある。

品質を出すために手間暇かける必要がある。

 

要求以上の品質を出すために手間暇かけるのは、その価値がお金に変らないのならば無駄である。儲けが減る。

 

手間暇をかけずに手を抜いて要求品質を満たさない製品は不良品である。

 

今の工場の状態はどうだろう?

本来やるべきことをきちんとやれているだろうか?

 

本来やるべきことは手間暇である。手間暇は価値を生む。

手を抜けば製品の品質は確保されない。

 

・・・そもそも、生産原価と売値のバランスが取れているのかが疑問ではあるが。適正価格ってどのあたりなのだろう?

 

私は阿呆である。

阿呆が頭を使わなければいけない職場ってのはどうなのだろう?

儲けが出るわけがない。

 

会社の為には、私が会社を辞めるか、私が成長するか、会社を辞めないまでも部署替えをお願いするのが良いのだろうけれども。

 

何故、退職・転職などと考えている私が、会社の事を部屋で悶々と考えているのだろうか?

 

私は本当に生産性の低い人間だ。

 

会社を辞めるために頑張ろう

おかしい。

文章がおかしい。

 

いや、おかしくないのか?

辞めてもいい状態になるために頑張ろう。

 

明確に、会社を辞めるためにどうするべきか。辞めてもやっていけるためにどうするべきか。

考えよう。

 

貯蓄は少ない。200万もない。

今辞めたら、車を手放す前提でも数年しか暮らしていけない。

 

…本当に暮らしていけない?

 

何でやめたいのだろう?

 

会社を辞めるのではなくて、会社で頑張ってもうまくやれない自分を辞めたほうが良いのでは?

会社で頑張らずに、自然体で、ただの愚図になる。それでいいのでは?

会社は私を雇ってしまった。

社会的には責任があるようだし。

 

頑張る無能を採用してしまった総務課の方は罪だなぁ…

 

こんな時間まで起きていて、なんと愚かなのだろう。

会社を辞める努力のために、早く寝よう。

酒を飲んだら

頭が鈍い。

気分は悪くはない。

食欲に際限がなくなる。

 

我慢するのが辛い。

 

350ml缶を二本飲んだが、次が飲みたくなる。

 

我慢するのが辛いが…。今日はやめておこう。

 

次はいつ飲む?

 

毎日は飲まなくてもいいかなとは思えるくらいには余裕がある。

気がする。ただの錯覚かもしれない。

酒を飲む

アル中であるのかもしれない。

脳が覚えている。

 

違法ドラッグをやめられない人間の心理状況は、これを数百倍にしたものなのだろうか?

 

酒を飲む。1月5日以来か?

 

賞味期限が切れるからと、本当に意味の無い言い訳を自分に言って、飲む。

捨てればいいのに。

 

飲んだ後、どんなふうになっているのだろうか?

 

久しぶりすぎてなんとも言えない。

 

ほどほどにお願いします。

これが私

掃除をした。

部屋が少しばかりは広くなった。

 

なかなか掃除をすることが出来なかった。

 

友人(?)が来ることと、仕事が落ち着いてしまったので時間があるので、久しぶりに掃除をすることが出来た。

 

彼らと一緒に遊園地へ行ったり食事に行ったりした。

土曜日の3時頃彼らはこちらへ着いて、土曜日は朝の9時から出かけて帰ってきたのは日曜日の3時頃。4時頃に就寝した。日曜日の朝9時に起きて、切っただけのベーコンやソーセージと煮るだけのもやしのスープを作り、10時頃起きてきた彼らと一緒に朝食を食べたのち、11時頃彼らを送り出した。

 

この二日間はいつもの私の日常とは完全に別物である。

一人では絶対にやらないものである。

 

彼らが来たことで私は普段のルーティーンが行えなかった。

そして、たった二日途切れただけで、そのルーティンを再開していない。することがもったいないと何故か錯覚してしまっている。

 

…また、躁が来たのだろうか。

習慣を断つのは簡単である。

私の場合は悪習慣がめでたく(?)断たれたわけだが。

代わりに何をやろうか?

 

私はやりたいことはなかったのか?

 

…体が痒い。病院へ時間を作っていこう。有休をもっと使おう。有休を使えるくらいには仕事をうまくやろう。

もっとうまく生きよう。

 

私は能力が低すぎる。

彼らを見てると思う。

 

…明日の仕事の課題が終わっていないな。

今日は22時30分には寝て、明日は早く起きたい。

 

…最近はこう思って出来ないことがほとんどだ。

 

私は、未来の私に期待してはいけないのか?過信しているだけなのか?妄想しているだけなのか?

 

私は出来ない。

 

…ならどうする?どうしたい?