読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これが私

掃除をした。

部屋が少しばかりは広くなった。

 

なかなか掃除をすることが出来なかった。

 

友人(?)が来ることと、仕事が落ち着いてしまったので時間があるので、久しぶりに掃除をすることが出来た。

 

彼らと一緒に遊園地へ行ったり食事に行ったりした。

土曜日の3時頃彼らはこちらへ着いて、土曜日は朝の9時から出かけて帰ってきたのは日曜日の3時頃。4時頃に就寝した。日曜日の朝9時に起きて、切っただけのベーコンやソーセージと煮るだけのもやしのスープを作り、10時頃起きてきた彼らと一緒に朝食を食べたのち、11時頃彼らを送り出した。

 

この二日間はいつもの私の日常とは完全に別物である。

一人では絶対にやらないものである。

 

彼らが来たことで私は普段のルーティーンが行えなかった。

そして、たった二日途切れただけで、そのルーティンを再開していない。することがもったいないと何故か錯覚してしまっている。

 

…また、躁が来たのだろうか。

習慣を断つのは簡単である。

私の場合は悪習慣がめでたく(?)断たれたわけだが。

代わりに何をやろうか?

 

私はやりたいことはなかったのか?

 

…体が痒い。病院へ時間を作っていこう。有休をもっと使おう。有休を使えるくらいには仕事をうまくやろう。

もっとうまく生きよう。

 

私は能力が低すぎる。

彼らを見てると思う。

 

…明日の仕事の課題が終わっていないな。

今日は22時30分には寝て、明日は早く起きたい。

 

…最近はこう思って出来ないことがほとんどだ。

 

私は、未来の私に期待してはいけないのか?過信しているだけなのか?妄想しているだけなのか?

 

私は出来ない。

 

…ならどうする?どうしたい?