読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束を破る

自分に切実でないのか、そもそも自分を縛ること自体が自分に優しくないのか?

お酒は休日のみと決めてから早数週間。今日は飲んでしまった。

 

目的もなく節酒している。…節酒であってるのか?

 

…合っていたようだ。良かった。ダイエットと節約のために節酒していたわけだが、今日は飲んでしまった。720mlで395円。私のグラスでやく4杯分。1杯100円か。

 

…安いな。100円で今の気分になれるのならばありかもしれないとか思ってしまう自分がなんとも。やっぱりアル中だなと思う。以前は毎日第3のビールを3缶とか飲んでいたわけだし…。

 

余り目的のない努力のおかげで体重は86キログラムから70キログラムまで落ちた。何をしたというわけではなく、というわけにはいかないが、基本的には節酒・節食・少しの筋トレ。

人間食べる量が減ると体重が減る。当たり前のことだけれども、いざやろうとするとなかなかできない。世の中美味しいものが多すぎる。

お得なことにほとんどのものがおいしいと感じられる私は一食約100円で済ませられる低カロリーものでも美味しいと感じられた。

やっぱり美味しくないと続かないわけだが…。

体重減少が頭打ち。若干飽きてきたのと、会社が暇になってきたので思わず酒に手が伸びる。

会社が忙しくて過労でやられるのと、暇になってきて酒になられるのはどちらがいいのだろう?

ある程度忙しい方が人間は節制できるのか?

 

酒を飲んでいる暇がない。酒を飲んだら明日に響く。

こんな事を思わないでいられる季節がやってくる…。

 

私は節酒を続けられるのだろうか。