読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう少し頭を使おう・・・、と思ったけれど私はやっぱり頭が悪い

仕事が定時で終わらない。

そもそも仕事なのか?

 

私の仕事は何だろう。

工場をよくする。

工場が儲かるようにする。

 

儲かるために必要なことは何だろう。

無駄を減らす。

品質の安定。

 

成熟した工場ならば、生産性をあげることがそのまま儲けになるのだろうか?

より安く仕入れて、より作業効率を上げて、品質は安定。

品質が落ちないままに、より安く作れれば、原価が下がれば、その分儲けが増えるし価格競争に対する競争力も高くなる。

 

当たり前のことなのだろうか?

 

製品は品質が要求を満たしていれば価値がある。

品質を出すために手間暇かける必要がある。

 

要求以上の品質を出すために手間暇かけるのは、その価値がお金に変らないのならば無駄である。儲けが減る。

 

手間暇をかけずに手を抜いて要求品質を満たさない製品は不良品である。

 

今の工場の状態はどうだろう?

本来やるべきことをきちんとやれているだろうか?

 

本来やるべきことは手間暇である。手間暇は価値を生む。

手を抜けば製品の品質は確保されない。

 

・・・そもそも、生産原価と売値のバランスが取れているのかが疑問ではあるが。適正価格ってどのあたりなのだろう?

 

私は阿呆である。

阿呆が頭を使わなければいけない職場ってのはどうなのだろう?

儲けが出るわけがない。

 

会社の為には、私が会社を辞めるか、私が成長するか、会社を辞めないまでも部署替えをお願いするのが良いのだろうけれども。

 

何故、退職・転職などと考えている私が、会社の事を部屋で悶々と考えているのだろうか?

 

私は本当に生産性の低い人間だ。