読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒を飲むという行為

自制が効いていない。

今から天下一品に行こうと考えてしまう、程度には酔っている。歩いて7分くらいのところなので遠くはない。

 

どうしよう。行こうか、本当に…?

 

お酒を飲んでよいことはない。自制は聞かなくなる。正常な判断をできなくなる。脳が委縮する(らしい)。

 

脳が委縮する…これはいつごろ自覚するのだろうか?私があと20数年生きて60歳を迎えるころ?それとももっと早いのだろうか?

 

自分の脳に衰えを感じ始めたのは高校生くらいだろうか?昔はもっと簡単に覚えられたような気もしつつ、能力がないのだと自分を認識していた。

 

大学生時代は、なんだかんだで飲む機会が多かった。むしろ吐くまで飲んでいた。今そんなことはめったにないことを考えると、あの当時は本当に無謀な、無知は、危険なことをしていたのだろうなと思う。

 

今日の今お酒を飲んでいるという行為。これも自分の無知のたまものなのだろうか?毒を飲んでいるわけである。良薬ではない。百薬の長でもない。お酒は毒だ。

 

日本ではなぜ故に合法なのだろう?仏教の国なのに。

 

仏教。

 

最近なぜか気になる。気になって、いくらか仏教のサイトを除いている始末。

 

不飲酒戒なんてものがあることを初めて知った。

 

お酒を飲むことはどういうことなのだろう。

 

依存性の低い(?)麻薬をやっているようなものなのだろうか?

覚せい剤は犯罪?らしい。お酒は合法。

 

日本がおかしい?世界がおかしい?不思議に思う自分がおかしい?

 

私はおかしいのだろう。

10人いたら1人くらいいるくらいのおかしさなのだろうか?それとも100人に1人くらいのおかしさなのだろうか?

 

そこまでおかしくはないのだろうなと、コミケでのべ十万人の同類を見て思いつつ。

一億分の十万ということは1000人に一人のおかしさ・・・なのか?

 

 

 

どうでもよいけれど。おなかがすいてきた…。